FC2ブログ

エクスプローラでファイルを削除する時に確認画面を表示/非表示にする方法


 新しいWindowsに変わるたびに困るのが、ところどころ細かい仕様が変更されていて、時には意図していないトラブルに陥ることです。

 Windows 10に移行した頃もファイルを削除する際に確認画面が表示されなくなっていて誤って削除してしまったファイルをごみ箱から慌てて戻したこともあり不安になったものです。

 そうなんです、Windows 7など以前のWindowsではDeleteキーやマウスの右クリックメニューからファイルやフォルダを削除しようとすると必ず確認画面が表示されましたが、Windows 10の初期状態ではうんともすんとも言わずにサクッっとごみ箱に直行してしまうんです。

 もちろんごみ箱から戻すことはできるのですが、それは削除してしまったことに気づいたときだけ。
 誤操作で意図せず削除してしまったら気づかないことも考えられます。

 でも、ご安心ください。
 Windowsの設定を変更すれば、これまでどおり削除する時に確認画面が表示されるようになります。


削除する時に確認画面を表示/非表示させる

 デスクトップの「ごみ箱」アイコンをマウスで右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。


 ごみ箱のプロパティウインドウが表示されたら、「削除の確認メッセージを表示する」にチェックを入れてOKボタンをクリックしましょう。


 これでエクスプローラでファイルやフォルダを削除する際に都度ファイルをごみ箱に移動しても良いか確認画面が表示されるようになります。


 反対に確認画面が煩わしいという時や、もとに戻したい時はチェックをOFFにすれば表示されなくなります。

仕事効率化トピックス

今やパソコンの基本的な操作ができるのは社会人としては当たり前の時代。欲を言えばパソコンに使われる側ではなく、使いこなす側に立ちたいものです。このサイトでは主にWindowsパソコンを使った作業効率化に繋がるトピックスを紹介しています。ちょっとした工夫で作業時間の短縮が計れるものも多くあります。難しい言葉をできるだけ使わないで紹介しています。皆様の参考になるものがあれば嬉しいです。

Twitter @ShigotoTopics

検索フォーム

リンク

QRコード

QR