FC2ブログ

Windows 10のタスクバーに表示されている検索ボックスを消したい!


 Windows 10には「Cortana」(コルタナ)という音声アシスタント機能が搭載されています。
 この「Cortana」は、パソコンに搭載されているマイクに向かって音声で話しかけたり、タスクバーの検索ボックスに調べたい語句を入力したりして情報を検索してくれる機能です。

 使い始めれば便利なのかもしれませんが、利用頻度が少ない人にとっては、タスクバーに配置されている検索ボックスは大きすぎて正直邪魔です。

 設定を変更することで「Cortana」の機能はそのままOFFにせずに、この検索ボックスを非表示にすることができます。


タスクバーの検索ボックスを非表示にする

 設定を変更するには「Cortana」の検索ボックスを右クリックしてメニューを表示させます。


 メニューから「Cortana」を選択した後、サブメニュー内の「表示しない」を選択すると検索ボックスを消すことができます。




 また「Cortanaアイコンを表示」を選択すると横に長い検索ボックスの代わりに丸いCortanaアイコンが表示され、CortanaアイコンのクリックでいつでもCortanaを呼び出すことができます。


 ちなみに検索ボックスを右クリックして表示したメニューは、タスクバーの任意の場所を右クリックすれば表示させることができます。

仕事効率化トピックス

今やパソコンの基本的な操作ができるのは社会人としては当たり前の時代。欲を言えばパソコンに使われる側ではなく、使いこなす側に立ちたいものです。このサイトでは主にWindowsパソコンを使った作業効率化に繋がるトピックスを紹介しています。ちょっとした工夫で作業時間の短縮が計れるものも多くあります。難しい言葉をできるだけ使わないで紹介しています。皆様の参考になるものがあれば嬉しいです。

Twitter @ShigotoTopics

検索フォーム

リンク

QRコード

QR