FC2ブログ

Windows Updateの頻度と手動でアップデートする方法


 「さて今日は朝から忙しいぞ!」なんて気合を入れて出社してパソコンの電源を入れると、いつまで経ってもデスクトップ画面が表示されない。そんな経験ありませんか?

 そうなんです、Windows 10では「Windows Update」(Windowsの更新)が強制的に実行されるようになり、都合が悪いタイミングでパソコンが重くなる事があるんです。
  • 資料を印刷したらすぐに出かけなくてはならないのに!
  • 客先でプレゼン中に重くなったら困るなぁ。
 そんなストレスや心配を少しでも減らすために予め時間の都合が良い時に手動でWindows Updateを実行しておくことをおすすめします。
 


「Windows Update」を手動で実行する手順

 Windows 10で「Windows Update」を手動で実行する場合、デスクトップ左下の「スタートボタン」(Windowsアイコン)をクリックしてメニューを表示させます。


 メニューが表示されたら左側の「歯車の設定アイコン」をクリックします。


 設定ウインドウが表示されるので、「更新とセキュリティー」をクリックするとWindows Updateの画面が表示されるので「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックします。



 場合によっては既にWindows Updateが実行中の時もあるかもしれません。


 一連の更新が終了して再起動を促すボタンが表示されたら「今すぐ再起動する」ボタンをクリックして更新を完了させておきましょう。


「Windows Update」の頻度

 Microsoftは基本的に毎月第2水曜日(その月の1日が水曜日の場合は第3水曜日)にWindows Updateを公開を開始しています。
 セキュリティーの関係等、急を要する緊急アップデートが実施されることもありますが、目安とすれば毎月1回第2(第3)水曜日以降に更新チェックするのが良さそうです。

仕事効率化トピックス

今やパソコンの基本的な操作ができるのは社会人としては当たり前の時代。欲を言えばパソコンに使われる側ではなく、使いこなす側に立ちたいものです。このサイトでは主にWindowsパソコンを使った作業効率化に繋がるトピックスを紹介しています。ちょっとした工夫で作業時間の短縮が計れるものも多くあります。難しい言葉をできるだけ使わないで紹介しています。皆様の参考になるものがあれば嬉しいです。

Twitter @ShigotoTopics

検索フォーム

リンク

QRコード

QR