FC2ブログ

「mailto:」リンクをGoogle ChromeのGmailで開くように設定する方法


 いつも使っているブラウザーは Google Chrome、メールソフトはWeb版の Gmail なんて方はどのくらいいるのでしょうか。

 もしそんな使い方をしている場合は、些細なことかも知れませんが「mailto:」リンクをクリックした際は Gmail で開いてくれると便利です。

 「mailto:」リンクとは、Webページ内に記載されたメールアドレスリンクをクリックするとパソコンに設定されているメールソフトが起動するという機能。

 初期状態ではWindows標準のメールソフトが起動されてしまい、起動に時間が掛かってしまうばかりでなく、そもそも Gmail を使っているので煩わしい以外の何者でもありません。

 企業ページ等で時々見かける「mailto:」リンクはGmailで開いてくれるのがスマートなので設定してみましょう。

 設定は ①Google Chrome でハンドラの許可②Windowsの既定のアプリの設定、の2箇所必要です。

Google Chromeの設定

 この記事時点の Google Chrome のバージョンは 76.0.3809.132 です。

 まず Google Chrome を起動してGoogleアカウント(Gmail)にログインした状態で、Gmailのページ にアクセスします。

 するとアドレスバーの右側に「このページはサービスのハンドラのインストールを求めています。」というアイコンが表示されるので、これをクリックします。

ハンドラの削除手順

 Google Chrome右上のメニューアイコンをクリックした後、「設定」をクリックします。


 設定画面が表示されたら下にクロールし、最下部の「詳細設定」リンクをクリックします。


 続けてプライバシーとセキュリティ欄の「サイトの設定」をクリックします。


 サイトの設定の一覧から「ハンドラ」という項目を探してクリックします。


 設定登録されているハンドラページにGmailらしき項目があったら「削除」アイコンをクリックしてハンドラの設定を削除します。
 続けて「すべてのメールリンクを mail.google.com で開きますか?」というウインドウが表示されるので、「許可」をクリックします。

Windowsの設定


 デスクトップ左下の「スタートボタン」(Windowsアイコン)をクリックした後、左側の「歯車の設定アイコン」をクリックします。


 Windowsの設定画面が表示されたら「アプリ」をクリックします。


 左の項目一覧から「既定のアプリ」をクリックした後、「メール」をクリックし、既定のメールアプリを「Google Chrome」に変更したら完了です。

使いやすいメールソフトを探しているならGmail(ジーメール)がオススメ

仕事効率化トピックス

今やパソコンの基本的な操作ができるのは社会人としては当たり前の時代。欲を言えばパソコンに使われる側ではなく、使いこなす側に立ちたいものです。このサイトでは主にWindowsパソコンを使った作業効率化に繋がるトピックスを紹介しています。ちょっとした工夫で作業時間の短縮が計れるものも多くあります。難しい言葉をできるだけ使わないで紹介しています。皆様の参考になるものがあれば嬉しいです。

Twitter @ShigotoTopics

検索フォーム

リンク

QRコード

QR